オーディオブックが頭に入らない?その理由と解決策を紹介【体験談】

2020年10月18日オーディオブック

オーディオブックが頭に入らない?その理由と解決策を紹介【体験談】

オーディオブックを聴いても頭に入っている気がしないなぁ。なんで頭に入らないんだろう?オーディオブックの内容を頭に入れるコツを知りたいな…

こういった悩みを解消します。

本記事の内容
  • オーディオブックを聴いても頭に入らない理由を解説
  • オーディオブックの内容を効率よく覚えるコツ(読書前、読書中、読書後)
  • 【おまけ】オーディオブックで聴けるおすすめの本を紹介

この記事を書いている僕は、オーディオブックを3年以上使い続けています。

最初の1年は聴いた本の数が増えただけ。まったく内容が頭に入らず、一時期はオーディオブックを使うのをやめました。

仕事や育児が忙しくなり、本を読む時間が取れなくなったときに再びオーディオブックにチャレンジ。

時間やお金を無駄にしないよう、どうすればオーディオブックから多くの知識を学ぶことができるのか試行錯誤を繰り返し、やっとコツをつかみました。

そんな僕が、オーディオブックを聴いても頭に入らないと感じる理由や、オーディオブックから効率よく知識を得る方法を解説していきます。

▼本記事の筆者
本記事の筆者みやびのTwitterはこちら

オーディオブックを聴いても頭に入らない理由を解説

オーディオブックを聴いても頭に入らない理由を解説

オーディオブックを聴いても頭に入らないと感じる理由は以下の3つ。

  • その1:アウトプットをしていないから
  • その2:一度で覚えようとしているから
  • その3:集中していないから

それぞれについて簡単に解説しますね。

その1:アウトプットをしていないから

オーディオブックを聴いても頭に入らない最も大きな原因は、アウトプットをしていないからです。

人間の脳は重要ではない情報は忘れるように出来ています。

アウトプットをしない=重要ではないと判断され、忘れてしまうのです。

アウトプットの仕方については後ほど解説しますね。

その2:一度で覚えようとしているから

一度聴いただけで覚えようとしていませんか?
それができるのは一部の天才だけ。

その1でも解説しましたが、人間の脳は重要でない情報は忘れてしまいます。1度だけのインプットでは、その情報が重要な情報だと脳が判断しません。

何度も聴くことで、脳がその情報を重要な情報だと勘違いし、覚えることができます。

その3:集中していないから

オーディオブックの一番のメリットは、ながら読書ができることですよね。

「家事をしながら」や「運動をしながら」など、ながら読書をしているとどうしても聞き逃してしまう部分が出てきます。

さすがに聞き逃していたら知識は定着しません。

オーディオブックの内容を効率よく覚えるコツ(読書前、読書中、読書後)

オーディオブックの内容を効率よく覚えるコツ(読書前、読書中、読書後)

それでは、オーディオブックの内容を効率よく覚えるコツを読書前、読書中、読書後に分けて解説していきます。

オーディオブックを覚えるコツ:読書前

読書前のコツは以下の3つ。

  • 自分の課題を明確にしてから本を選ぶ
  • 誰かに教える気持ちで聴く
  • 「覚えることは忘れること」を意識する

それぞれについて解説しますね。

自分の課題を明確にしてから本を選ぶ

自分の課題を明確にしてから本を選びましょう。

なぜなら、課題を明確にすることで、自分に必要なものに気づくことができるから。

例えば、僕は営業をしているのですが、雑談が苦手でお得意先と信頼関係を築くことができず苦労していました。
自分には「雑談力」が必要だ、と課題を明確にしてから「雑談力」に関するオーディオブックを聴くことで、知識の吸収率が飛躍的にアップしました。

「そうはいっても、自分の課題がわからないよ」という方もいるかもしれません。

そんな時は何か新しいことにチャレンジしてみて下さい。
すぐに課題が見つかります。

繰り返しになりますが、本を選ぶ前に自分の課題を明確にしましょう。

誰かに教える気持ちで聴く

誰かに教えてやろう、という気持ちで聴いてみて下さい。
そのように考えながらオーディオブックを聴くだけで、不思議と集中力が高まります。

誰かに教えるということは、自分が深く理解していないと出来ません。

友人や後輩、家族など誰かに教えてあげる気持ちで聴きましょう。

「覚えることは忘れること」を意識しよう

覚えることは忘れることです。

何が言いたいかというと、覚えることは忘れることから始まるということ。

一度得た知識を忘れてしまっても、何の問題もありません。
むしろ、「忘れてしまった!」と思うことが覚えることにつながります。

忘れてしまったことで自分を責めないでくださいね。読書が嫌いになってしまいます。

忘れるのが当たり前です。

オーディオブックを覚えるコツ:読書中

オーディオブックは次の2STEPで聴きましょう。

  • STEP1:ながら読書で何度も聴く
  • STEP2:メモを取れる準備をして集中して聴く

STEP1:ながら読書で何度も聴く

最初はながら読書で何度も聴きましょう。

何度か聴くと、「ここはためになるな」とか「これは誰かに教えてあげたいな」という部分が出てくると思います。

何度も聴いて全体像をつかめたら、次のステップ。

STEP2:ながら読書ではなく、メモを取れる状態で集中して聴く

覚えておきたいところ、誰かに教えたいところ、行動したいこと、自分の心が少しでも動いたところはガンガンメモを取りましょう。

メモを取る際に重要なことは、きれいに書くことではありません。アウトプットすることを前提にメモを取ることです。

ノートにメモをしてもいいですし、スマホにメモをしてもOK。

いろいろ試した結果、僕はパソコンでマインドマップにメモを取っています。

▼参考までにこんな感じ。
無料で使えるXMINDを使っています。
マインドマップの作り方

オーディオブックを覚えるコツ:読書後

オーディオブックの内容を頭に入れる最重要ポイントはここです。

最重要ポイント

アウトプットをする

オーディオブックが頭に入らない原因は、アウトプットする回数が足りていないからです。
良書に出会うと、ものすごく刺激を受けるので、すごく気分はいいのですが、インプットしただけで満足しがち。

これではアウトプットをしていないので頭に入りません。

サイエンス誌の2008年2月15日号で、米パデュー大学のカーピック博士が行った実験が取り上げられており、「入力を繰り返すよりも、出力を繰り返すほうが、脳回路への情報の定着がよい」と報告されています。

記憶を定着させるためにどんどんアウトプットしていきましょう。

アウトプットの仕方は?

  • 誰かに話す(教える)
  • 書評ブログを書く
  • ツイートする

など、どんなことでもOK。

とにかくアウトプットすることが重要です。

ちなみに、発行部数55万部を突破しており、Amazonビジネス実用カテゴリーで1位になったベストセラー「アウトプット大全」に「2週間に3回アウトプットしよう」と書かれています。

「アウトプット大全」はaudiobook.jpで購入することができますので気になる方はこちらからどうぞ。
⇒audiobook.jp公式HPはこちら

※Amazon Audibleでは2020年11月20日に配信がスタートされる予定です
Amazon Audibleでは30日間の無料体験ができますので、気になる方は2020年11月20日を待ち、配信が開始されたら無料で聴いちゃいましょう。
⇒Audibleの無料体験はこちら

【おまけ】オーディオブックで聴けるおすすめの本を紹介

【おまけ】オーディオブックで聴けるおすすめの本を紹介

これからオーディオブックを聴いてみたいという方向けに、おすすめの本を紹介します。

今回は2大オーディオブックサービス「Amazon Audible(オーディブル)」と「audiobook.jp」で聴けるおすすめのオーディオブックをご紹介します。

Amazon Audible(オーディブル)で聴けるおすすめオーディオブック

Amazon Audible(オーディブル)には全40万タイトルがあります。

「ビジネス(キャリア・マネジメント)」「ビジネス(マーケティング
・セールス)」「ビジネス(マネー・資産運用)」のように、カテゴリが細かく分かれており、自分の興味のあるジャンルから選ぶことが可能です。

各カテゴリ別のおすすめオーディオブックは【2020年版】Audibleオーディブルおすすめの本|カテゴリ別3選!にまとめましたのでご覧ください。

audiobook.jpで聴けるおすすめオーディオブック

audiobook.jpで聴けるおすすめオーディオブックを3冊を紹介します。

  • アウトプット大全
  • もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら
  • 嫌われる勇気

それぞれ簡単に紹介しますね。

アウトプット大全

アウトプット大全

2020年10月現在、Amazon Audible(オーディブル)では聴くことができないオーディオブックです。
発行部数55万部を突破しており、Amazonビジネス実用カテゴリーで1位になったベストセラー。

本記事の中で「オーディオブックの内容をしっかり記憶するためには、アウトプットが重要だ」とご紹介してきましたが、この本を読めば(聴けば)さらにアウトプットの重要性を詳しく理解することができます。

オーディオブックから効率よくインプットするためのヒントを得ることができるはずです。

⇒audiobook.jp公式HPはこちら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら

この本は読書が苦手なビジネスマンにおすすめの1冊。

累計122万部を突破している、大人気の青春小説。
ピーター・ドラッカーの「マネジメント」が漫画で学べる本です。

マンガだと思ってバカにしてはいけません。
ストーリー仕立ての内容は頭に入りやすいものです。
しかも、泣ける超大作になっています。

まさか、この本で泣くとは思わなかった…

「ビジネスマンであればドラッカーくらいは知っておいた方がいいよなぁ」と思っている人は多いと思いますが、知らない人がほとんど。

この本を聴いて周りと差をつけちゃいましょう。

⇒audiobook.jp公式HPはこちら

嫌われる勇気

嫌われる勇気

本が売れない時代といわれている中で日本で200万部以上、世界で400万部以上売れているモンスター本。
アドラー心理学をわかりやすくまとめており、ホリエモンが絶賛している本です。

この本は、読むよりもオーディオブックで聴く方がおすすめ。

なぜならば、悩める青年と哲人の対話形式の内容になっており、プロのナレーターが感情を込めて読み上げてくれているから。

この本を聴けば、対人関係で悩むことが減ると思いますよ。

ちなみに、この本はAmazon Audible(オーディブル)で買うよりもaudiobook.jpで買う方が安いです。
※Audibleを初めて使う方は無料体験でもらうことも可能

⇒audiobook.jp公式HPはこちら
⇒Audibleの無料体験はこちら

オーディオブックが頭に入らない?その理由と解決策を紹介【まとめ】

オーディオブックが頭に入らない?その理由と解決策を紹介【まとめ】

それでは最後にオーディオブックを聴いても頭に入らないと感じる理由と解決策をまとめます。

頭に入らないと感じる理由
  • アウトプットをしていないから
  • 一度で覚えようとしているから
  • 集中していないから
解決策

読書前

  • 自分の課題を明確にしてから本を選ぶ
  • 誰かに教える気持ちで聴く
  • すべてを覚えようとしない

読書中

  • STEP1:ながら読書で何度も聴く
  • STEP2:メモを取れる準備をして集中して聴く

読書後

  • アウトプットをする

オーディオブックを上手に使いこなしながら読書をすれば、圧倒的に多くの本からインプットすることが可能です。

しかし、一度インプットしただけでは知識は定着しません。本から得た知識をアウトプットすることで知識が定着します。

本から得た知識をしっかりと定着させ使いこなすことで、人間関係がうまくいったり、仕事がうまく進み昇進・昇給しより良い生活を送ることができるようになるはずです。

知識を定着させるために「アウトプット」していきましょう!

以上、オーディオブックが頭に入らない?その理由と解決策を紹介【体験談】でした。

▼あなたにおすすめの記事
⇒【徹底比較】2大オーディオブックAudible対audiobook.jp!どっちを使う?