【社会人必見】仕事で結果を出すメモの取り方【超重要】

2020年1月25日仕事効率化

仕事で結果を出している人って、どんなメモの取り方してるんだろ?誰かメモの取り方教えてよ・・・

こんな悩みを解消します。

メモの取り方がわからず、大切なことを忘れてしまうなどのミスを犯していたら、いつまでたっても結果は出ません。

今回は仕事で結果を出すためのメモの取り方を解説します。

本記事を参考にすると、仕事で結果を出すためのメモの取り方を理解することができ、昇進、昇給、評価UPを通して、より豊かな生活を送れるようになります。

記事の内容

・仕事におけるメモの目的は2種類
・目的別メモの取り方のコツを紹介

記事の信頼性

僕は今回紹介するメモの取り方を徹底することで結果を出し、30代で会社の取締役を任されました。また、ヘッドハンティングのお話を5社からいただいています。

仕事におけるメモの目的は2種類

仕事におけるメモの目的は2種類

仕事におけるメモの目的は以下の2種類。

①記録を目的としたメモ
②アウトプットを目的としたメモ

多くの人が①しか意識していないんですよね。

仕事におけるメモの取り方は、上記の2種類あることをまず覚えておいてください。

以下、簡単に説明します。

①記録を目的としたメモとは

記録を目的としたメモとは、学生が授業を受けるときに取るメモ(ノート)がイメージしやすいかと思います。

与えられた情報を記録する感じですね。備忘録といってもいいでしょう。

②アウトプットを目的としたメモとは

これはひらめきやアイディアを具体的にどうアウトプットするかのメモです。

これが出来ていない社会人がかなり多い。

仕事で結果を出す人はこのアウトプットを目的としたメモを使いこなしている人が多いです。

仕事で結果を出すためのメモの取り方のコツ

仕事で結果を出すためのメモの取り方のコツ

それではメモの目的別にコツを紹介します。

記録を目的としたメモの取り方のコツ

記録を目的としたメモの取り方のコツは2点

✔ 瞬時に取るメモはポケットサイズのメモに固定
✔ ジャンル別にノートを分ける

これを徹底すればOKです。

瞬時に取るメモは一つに固定します。

そんなこと言ってもメモ帳がないときだってあるじゃん。
携帯にメモじゃダメなの?

という方もいますよね。携帯にメモでもOKです。

重要なことはメモする場所を固定することです。

固定できていないと、どこにメモを取ったかわからなくなる原因となります。

瞬時にとったメモはジャンルごとに分けてノートに書き写しましょう。

あらかじめノートをジャンルごとに分けておくことでメモが混在することを防ぎます。

混在することを防ぐことで必要な時に必要なメモを見ることが可能になります。

ちなみに僕は「仕事用」「読書・セミナー用」「会議用」「副業用」にジャンルを分けています。

アウトプットのためのメモの取り方のコツ

仕事におけるアウトプットのためのメモの取り方のコツは、アウトプット専用のスペースを事前に確保しておくことです。

僕が実際に使っているノートを例にメモの取り方を解説します。

アウトプットのためのメモの取り方のコツ

これは読書やセミナーを受講する際に使う僕のノートです。

「本文抜粋欄」に本の中に出てきた言葉やセミナーで気になった言葉を記録します。

読書やセミナーなどインプット作業をしていると「あれ、これって仕事にもつかえそうだな。こんな風に使ってみよう」とひらめいたりします。

自分の課題に落とし込んで具体的に行動することをページ右側の「具体的行動欄」に書いておきます。

後でノートを振り返る際、ページの右側だけ見れば自分が取るべき行動がすぐわかってGOOD!!行動し忘れもなくなるよ!

また、ページ右側が空欄になっていると、本能的に空欄を埋めたいという心理が働きます。

読書やセミナーの中から何か行動に移せることはないかな?と考えるモチベーションにもなります。

そんなこと言っても、何もひらめかないよ…

こんな方もいるかもしれません。

何もひらめかないのは自分の課題を意識できていないことが原因です。

自分の課題をはっきりさせてから読書やセミナーを受講してみて下さい。

必ずひらめきがあります。

注意

メモは見返さなければ意味がありません。
メモを振り返る癖をつけましょう。僕は時間を決めてメモを見返しています。

アウトプットの質を高めるメモの取り方はこちらの本が大変参考になります。

秋元康さんやホリエモンからの評価も高い若手起業家SHOWROOM社長、前田裕二さんの本です。

メモの効果を最大化したいなら一度は読むべき良書です。

筆記用具には多少お金をかけること

筆記用具には多少お金をかけること

筆記用具に多少お金をかけてみて下さい。

お金をかけるメリットは2つ。

・なぜか仕事に対するモチベーションが上がる
・周りから見られた時の印象が変わる

あなたは仕事道具にお金を使っている人と使っていない人どちらと仕事がしたいですか?

見ている人は見ています。

ちなみに僕はこちらのボールペンを愛用しています。

僕がこのペンを愛用している理由は2つ

✔ 雪の中に1週間埋まっていても復活し問題なく書けるタフさ(一度雪の中に落としました)
✔ ネットで替え芯を買うことが出来る

一度買えば、あとは替え芯を交換するだけ。

コスパ最高です。

仕事でのメモの取り方をマスターし結果を出そう

仕事でのメモの取り方のマスターし結果を出そう

仕事におけるメモの目的を理解し、メモの取り方のコツをつかめば結果が出ます。

特にいち早くアウトプットを目的としたメモの取り方をマスターすれば、圧倒的に成長します。

メモの取り方をマスターし、どんどん仕事で結果を出して評価されることで今まで以上に豊かな生活を送りましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

僕のサイトでは他にも仕事術を紹介していますので、ぜひ活用してください。