Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーとは?何ができるの?

仕事効率化

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーとは?何ができるの?

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーって何だろう?資格を取得すると何ができるのかな?

こんな悩みを解消します。

Smart(スマート)資格は低コスト・短期間で資格を取得することができ非常に便利です。

非常に便利なのですが資格を取得しても使えなければ意味がないですよね。

この記事ではSmart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格とは何か。資格を取得すると何ができるのか、また何ができないのかをまとめました。

さっそく見ていきましょう。

▼本記事の筆者
本記事の筆者

▼関連記事
【3日で合格】Smart(スマート)資格の評判と実際に受講した僕の口コミ

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーとは?

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーとは?

電話やオンライン相談に特化した心理カウンセラー認定資格です。心理カウンセラーとして重要な知識やスキルをわかりやすくまとめた、比較的短期間で取得可能な資格です。

日本オンライン資格推進機構HPより

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格とは日本オンライン資格推進機構(JOCP)が認定している資格です。

心理カウンセラーとは心の悩みを抱えた人やストレスに耐えられなくなった人のストレスを和らげてあげたり、解決の手助けをしたりしてあげる仕事になります。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格は外に出歩かなくても活用できるよう、電話やオンライン相談に特化しているのが特徴ですね。

自宅に居ながらも簡単にビデオ会議・Web会議ができる「Zoom」の使い方まで講座の中で取り上げてくれています。

次にSmart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーにはニーズがあるのか見ていきましょう。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーにニーズがあるのか?

精神障害の労災補償状況令和元年度

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーにはニーズがあるのかを調べる上で、厚生労働省が公表している「精神障害に関する事案の労災補償状況」の資料が参考になります。

精神障害の労災補償状況をグラフ化すると、社会環境の変化や人間関係の背景にストレスによる「心の病」が増え続けていることがわかります。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラーのニーズはあると言えます。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格で出来ること・出来ないこと

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格で出来ること・出来ないこと

ここからはSmart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得することで何ができるようになり、何ができないのか紹介します。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得しようか悩んでいる方は、資格を取得してから「こんなはずではなかった」と後悔することのないように確認しておきましょう。

まずはオンライン心理カウンセラー資格を取得してもできない事から紹介します。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得してもできなこと

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得してもできなこと

出来ないこと

資格を取得してもすぐに就職できるわけではありません

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得したからと言って、カウンセラーとしてすぐに一人前になることはできません。

あくまでもSmart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格で学べるのは心理カウンセラーとして重要な知識やスキルの基礎です。

資格を取得後すぐに仕事をしたい方は心理系の専門大学に入学しなければ取れない「臨床心理士」や心理学における唯一の国家資格である「公認心理師」を取得しなければなりません。

気軽に取得することのできるSmart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得することで何ができるようになるのでしょうか?

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得するとできること

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得するとできること

出来ること
  • 履歴書に書くことができる
  • 副業を始めることができる
  • 家族や身近な人の力になることができる
  • 自分のメンタルを安定させることができる
  • 職場で悩んでいる人の力になることができる

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格を取得するとできることは以上の5つです。

それぞれ簡単に解説しますね。

履歴書に書くことができる

履歴書に書くことができる

履歴書に書くことができるので就職活動において有利です

Smart(スマート)資格で資格を取得したら履歴書に書きましょう。

オンライン心理カウンセラー資格は、一般社団法人日本オンライン資格推進機構(JOCP)認定の信頼性が担保された資格です。

履歴書への記載は「一般社団法人 日本オンライン資格推進機構認定 オンライン心理カウンセラー資格 合格」でOK。

オンライン心理カウンセラー資格が関係ない職種でも履歴書には書くべきです。

なぜならば、自ら進んで取った資格は勉強する姿勢があることの証になるからです。

僕は会社で人事にかかわっていますが、勉強する姿勢がある人とない人がいれば、間違いなく自ら進んで勉強する姿勢がある人を採用します。

Smart(スマート)資格で資格を取得したら履歴書に記入しアピールしましょう。

副業を始めることができる

副業を始めることができる

副業でお小遣いを稼げます

Smart(スマート)資格でオンライン心理カウンセラー資格を取得すれば副業でお小遣いを稼ぐことができます。

オンライン心理カウンセラーの教材の中で、仕事の獲得方法が紹介されていますので副業を始めやすいです。

実際に僕は資格を取得したその日のうちに「オンライン心理カウンセラー資格」を使い「ココナラ」と「クマレル」で副業を開始しました。

本業として何十万も稼ぐのは難しいですが、しっかりと取り組めば月に数万円のお小遣いを稼ぐことはできますよ。

▼僕が実際に使用しているサービス

家族や身近な人の力になることができる

家族や身近な人の力になることができる

身近な人を助けられるだけでも価値がある資格だと言えます

資格の使い方は仕事に活かすことだけではありません。まずは身近な人の悩みを聞いてあげましょう。

ストレスを抱えて悩んでいる方に対して接し方を間違えると、かえって悩みを悪化させてしまうことがあります。

資格を取得し心理学とカウンセリング法の基礎を学ぶことで適切に身の回りの方の力になることができるでしょう。

自分のメンタルを安定させることができる

自分のメンタルを安定させることができる

他人だけではなく自分のメンタルヘルスの管理にも役立ちます

Smart(スマート)資格でオンライン心理カウンセラー資格の勉強をすることで、自分自身を見つめなおすことができます。

心理学やカウンセリング法の基礎を学ぶことで自分自身をより深く理解することができるんですね。

自分自身を理解することはメンタルの安定につながります。

「メンタルが弱いから何とかしたいな」といった方もオンライン心理カウンセラー資格を取得してみるといいですよ。

職場で悩んでいる人の力になることができる

職場で悩んでいる人の力になることができる

オンライン心理カウンセラー資格は部下をもつ管理職にも役立ちます

部下をもつ管理職はコミュニケーション能力を鍛えなければなりません。

オンライン心理カウンセラー資格で知識を得ることで、部下の個性に合わせながらコミュニケーションをとれるようになります。

また、社内の悩んでいる人を上手に支えてあげることができれば、会社全体の業績にも良い影響を与えるでしょう。

Smart(スマート)資格でオンライン心理カウンセラー資格を取得し、会社の業績を伸ばしちゃいましょう。

結論:Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格はすぐに使える!

結論:オンライン心理カウンセラー資格はすぐに使える!

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格は、取得すればすぐにどこかに就職ができるような資格ではありません。

しかし、履歴書に書くことができる資格ですし、簡単な副業を始めたり、あなたの家族や周りにいる大切な方を支えたりするには十分な知識を得ることができます。

Smart(スマート)資格のオンライン心理カウンセラー資格に申し込めば資料の到着を待つことなく、すぐに勉強を開始することができます。

現在、オンライン心理カウンセラー資格にはキャンペーン価格が適応されていますので、気になる方はSmart資格公式ホームページをご覧ください。

キャンペーン価格に数量制限あり!
⇒Smart(スマート)資格公式サイトへ