【合格率UP】Smart(スマート)資格の認定試験を攻略する方法

2020年12月24日仕事効率化

【合格率UP】Smart(スマート)資格の認定試験を攻略する方法

Smart(スマート)資格の認定試験の合格率をUPさせるためには、認定試験を受けるタイミングを間違わない事と、不合格になってしまう行動をとらないことが重要です。

本記事ではSmart(スマート)資格で「オンライン心理カウンセラー」を受講し、実際に認定試験を受けてわかったポイントをまとめました。

認定試験を受ける際のポイントを知らずに試験を受けると、意図せず不合格になってしまうかもしれません。

認定試験を受ける前にサラッと確認しておきましょう!

本記事を読むことで、Smart(スマート)資格の認定試験を受験する際のポイントをつかめるだけでなく、ケアレスミスによる不合格が防げるので合格率がUPしますよ。

Smart(スマート)資格の「口コミ・評判」や「講座の選び方~試験合格まで」の流れは別の記事にまとめたので、気になる記事があればご覧ください。

Smart(スマート)資格の認定試験はどんな感じ?

Smart(スマート)資格の認定試験はどんな感じ?

認定試験も確認問題と同様の選択問題です

認定試験がどんなものなのかイメージできると勉強しやすいですよね。

上の画像は、Smart(スマート)資格の「オンライン心理カウンセラー資格」の認定試験を受験した際のものです。

Smart(スマート)資格の教材には各章の最後に確認試験がついています。

本番の認定試験も確認問題と同様の選択式です。

確認問題は何度も受けることができるので操作ミスをしないように慣れるためにも、何度か解きましょう。

Smart(スマート)資格の認定試験を受けるタイミングは確認問題で満点が取れたとき

Smart(スマート)資格の認定試験を受けるタイミングは確認問題で満点が取れてから

確認問題で満点が取れるようになったら認定試験を受けるタイミングです

Smart(スマート)資格は自分の好きなタイミングで認定試験を受けることができます。好きなタイミングで受けれるからこそ、認定試験を受けるタイミングは難しいです。

認定試験に不合格になると、再試験を受けるためには1,500円支払わなければいけません。

「絶対落ちたくない!」と思うとなかなか試験に踏み込めないもの。

僕自身、自分がしっかり理解できているか不安でなかなか認定試験を受けることができませんでした。

各章の最後にある確認問題で満点が取れるようになったら本番の認定試験を受けるタイミングです!

Smart(スマート)資格認定試験の解答は一発勝負!戻ったらそこで試合終了

Smart(スマート)資格認定試験の解答は一発勝負!戻ったらそこで試合終了

戻るボタンを押すと再試験扱いになります

Smart(スマート)資格の認定試験は50問程度の4択問題です。

一度回答した問題を戻って再回答してはいけません。

戻る操作をしてしまうと再試験扱いになってしまうので絶対に戻るボタンを押さないでください。

戻るボタンを押して再回答ができないのはカンニング防止のためなので仕方がないですね。

Smart(スマート)資格の認定試験は制限時間20分です

Smart(スマート)資格の認定試験は制限時間20分です

認定試験は20分間集中できる環境を整えてから

Smart(スマート)資格の認定試験の制限時間は20分間で、開始してしまうと途中でストップすることができません。

小さいお子さんがいる方は20分ですら時間を確保するのは難しいですよね。

出来ることであればどなたかにお願いして20分間だけお子さんを預かってもらいましょう。

Smart(スマート)資格の認定試験は20分間集中できる環境を整えてからスタートしてください。

Smart(スマート)資格の認定試験中に電話来ると厄介です

Smart(スマート)資格の認定試験中に電話来ると厄介です

着信が怖ければパソコンで認定試験を受けよう

Smart(スマート)資格の認定試験中は制限時間20分。

試験が開始すると電話が来ても時間は止まりません。

出来れば電話が来ない時間帯に試験を受けましょう!

といっても着信は自分でコントロールするのは難しいですよね。

認定テストはスマホで受けることができますが、着信のないパソコンやタブレットで受講したほうが無難です。

まとめ:Smart(スマート)資格の認定試験はしっかり準備を整えてから受験しよう!

まとめ:Smart(スマート)資格の認定試験はしっかり準備を整えてから受験しよう!

最後にSmart(スマート)資格の認定試験を受験する際のポイントをまとめますね。

  • 確認問題で満点を取れるようになったら認定試験に挑む
  • 認定試験中に戻るボタンは押さないように注意する
  • 20分間、集中できる環境を整えてから受験する
  • 認定試験中の着信に注意しよう

Smart(スマート)資格は短期間で資格を取得することができ、履歴書の資格欄にも書け、私生活や副業にも役立てることができます。

今ならキャンペーン中ですので、受講を検討しているなら今のうちに受講したほうがお得です。

本記事を参考にすれば、認定試験にも合格することができると思いますので、思い切って資格にチャレンジしてみましょう!

それではまた!

⇒Smart(スマート)資格公式サイトをチェック!

▼関連記事はこちら